ラウンジスレより転載

インストール(Linux) [edit]

パッケージが用意されているディストリビューション [edit]

既にパッケージになっている場合はそれを使えばよい。

Arch Linux
boinc (ArchWiki)
Debian
boinc-client boinc-manager (Debian Wiki)
Fedora
boinc-client boinc-manager (BOINC Wiki)
Gentoo
sci-misc/boinc (BOINC Wiki)
Mandriva
boinc-client boinc-manager
OpenSUSE
boinc-client boinc-gui
PCLinuxOS
boinc-client boinc-manager
Ubuntu
boinc-client boinc-manager (Ubuntu Wiki)

ディストリビューションのパッケージで .desktop ファイルを用意していれば、メニューから BOINC Manager で GUI の起動が可能。

普通にインストール [edit]

  1. http://boinc.berkeley.edu/ 経由でBOINCパッケージ(boinc_VERSION_{i686|x86_64}-pc-linux-gnu.sh、VERSIONはバージョンナンバーに置換)をダウンロード (各プロジェクトのダウンロードリンクが切れている場合が多いので、その時はhttp://boinc.berkeley.edu/download_all.phpからダウンするといいよ)
  2. 汚していいディレクトリの下にBOINCパッケージを持ってくる
  3. コマンドプロンプトを立ち上げ、cd コマンドでBOINCパッケージのある場所に移動
  4. コマンドラインから
    $ sh ./boinc_VERSION_i686-pc-linux-gnu.sh
    または
    $ sh ./boinc_VERSION_x86_64-pc-linux-gnu.sh
    とすると、その下にBOINCという名前のディレクトリが出来る。
    シェルスクリプトから自動でインストールする場合はShellInstallerから。
  5. 出来たBOINCという名前の中のboincをバックグラウンドで動かせば、Xを使わず動かすことが出来る。
    $ ./boinc&
    として
    $ ps -A | grep boinc
    で「boinc」で始まるプロセスが表示されれば無事動いている。

下記の FreeBSD の場合同様、以下のエラーが出て参加にに失敗した場合、

Scheduler request failed: Peer certificate cannot be authenticated with known CA certificates

ここ から証明書 ca-bundle.crt をダウンロード。

$ cd /var/lib/boinc-client
$ sudo mv ca-bundle.crt boinc-bundle.crt.org
$ sudo mv ~/Desktop/ca-bundle.crt ./
$ sudo chown root:root ca-bundle.crt

こんな感じで特に BOINC の再起動も必要なく参加できました。

64bit システムでの注意点 [edit]

プロジェクトの中には、アプリケーションが 32bit 版しか提供されていないため、宿題その物の実行やグラフィックスの表示に 32bit ライブラリが必要なものがあります。宿題の実行には glibc とか glib とか、グラフィックスには X 関連の pango、xdamage、libxi、libgl、libxmu およびそれらが依存するパッケージとかがあれば良さげな感じです。

UbuntuやDebianでは

$ sudo apt-get install ia32-libs

をやっておくと安心かも

ソースからビルド [edit]

自分でパッケージにしてパッケージ管理下に置きたいあなたのためのコーナーです。GentooのebuildなりFedoraのspecファイルなりDebianなりの既存のパッケージを参考に以下の情報で作成して見てください。
ソースコードの入手:

$ svn checkout http://boinc.berkeley.edu/svn/tags/boinc_core_release_${バージョン//./_}/
  • 依存関係 (boinc-clientおよびboinc-manager使用の場合)
    • ca-certificates
    • openssl
    • curl
    • util-linux-ng
    • zlib
    • sqlite3
    • freeglut
    • libjpeg
    • wxgtk または libwxgtk
  • ビルド時のみ必要なもの
    • libxslt
    • pkgconfig
    • perl-xml-sax
    • subversion
    • gcc とか make とかのビルド環境 (Debian、Ubuntuのbuild-essentialみたいなの)

他に以下のような留意点があります。

  • _autosetup は LC_MESSAGE=ja_JP.* の状態で実行すると GNU make のバージョンチェックが失敗するので LANG=C/LC_ALL=C 指定で行う必要がある。
  • gtk2 関連のインクルードファイルチェックがシカトされているので CXXFLAGS で指定してあげる必要がある。
  • コンパイルオプションに -D_FORTIFY_SOURCE=2 を指定した場合、ビルドに失敗する問題のパッチ (BOINC 7.0.28)。
  • boincmgr の詳細表示モード時にメニューバーが正常に表示されない問題のパッチ (BOINC 7.0.28)。このパッチを当てなくてもウィンドウサイズを変更すればメニューは表示される。

ビルド手順 (サーバなし、GUIあり)

$ CFLAGS+=" `pkg-config --cflags gtk+-2.0`"
$ CXXFLAGS+=" `pkg-config --cflags gtk+-2.0`"
$ LDFLAGS+=" `pkg-config --libs gtk+-2.0` -lX11"
$ LC_ALL=C ./_autosetup
$ ./configure --prefix=/usr \
              --sysconfdir=/etc \
              --localstatedir=/var \
              --disable-server \
              --with-wxdir=/usr/lib \
              --enable-unicode \
              --with-x \
              --with-wx-config=$(which wx-config) \
              --with-ssl
$ make
# make install

SVNリポジトリは、たとえリリース済みの安定版リリースのブランチであってもしれっと更新されるので注意 (上記注意点でもうまく行かないかもしれないし、一部またはすべてが要らないかもしれない)。

その他

  • libcudart.so と ca-bundle.crt は make install ではインストールされないので別途インストール要。それぞれのありかは以下の通り。
    boinc_core_release_${バージョン//./_}/coprocs/CUDA/posix/(i686|x86_64)-pc-linux-gnu/libcudart.so
    boinc_core_release_${バージョン//./_}/curl/ca-bundle.crt

インストール(FreeBSD) [edit]

WCG,TANPAKU,Rosettaにて確認

参考URL http://people.freebsd.org/~pav/boinc.html

/usr/ports/net/boinc-client/Makefile の34行目、CONFIGURE_ARGS にパラメータを1つ追加します。

CONFIGURE_ARGS= --disable-server --with-boinc-platform=i686-pc-linux-gnu

でもって普通に make; make install です。

実行時には、カーネルの設定も変更します。

sysctl kern.elf32.fallback_brand=3
/etc/rc.conf に boinc_enable="YES" を追加
/usr/local/etc/rc.d/boinc の boinc_user=boinc を boinc_user=root に変更(rootでプロジェクトにattachする場合)

あとは /usr/local/bin/boinc_client を普通に起動します(rcにスクリプト入ってるので次から自動起動)。


WCG参加時に、

Scheduler request failed: problem with the SSL CA cert (path? access rights?)

が出て参加に失敗したときは、

  1. 一旦projectをdetach
  2. http://boinc.berkeley.edu/dev/forum_thread.php?id=1783
    の下の方のTry hereなリンクからca-bundle.crtという証明書をダウンロードし、
    /var/db/boincに突っ込む
    http://boinc.berkeley.edu/trac/wiki/ErrorReferenceのDownload the missing file.からも、
     ca-bundle.crtが入手可能)
    →2010年2月現在、ここ(http://boinc.berkeley.edu/trac/wiki/Error/Scheduler%20request%20failed)のDownload the missing file.からDL可。
  3. projectにattach
  • attachできて、WUも降ってきたのに"ELF binary type "0" not known."と表示されて動かない場合
    linux環境がない(?)と言われているので、 emulators/linux_base-fc4 をportsで入れる。
    rc.conf に linux_enable="YES" と追加しておくのを忘れずに。

WCGに参加 [edit]

パッケージなどでインストールしてBoincManagerがあればそこからWindowsのように実行可能。
1-4の作業はBOINCを実行するマシン上で行う必要はないが、5から先はBOINCを実行するマシン上で行うこと。

  1. (登録していないなら)WCGのユーザ登録を行う。入力方法はhttp://team2ch.info/WorldCommunityGrid/ 参照。
    2つめの画面(Download)まで行ったら一度ホームに戻る。
  2. 「マイ・グリッド」(My Grid)からサイン・インする。
  3. マイ・グリッドページから「マイ・プロファイル」ページに移動。
  4. 下の方にある BOINC アカウント・キー: の後の32文字の英数字(アカウントキー)を記録しておく。
  5. コマンドプロンプトを立ち上げ、cd コマンドで先ほど BOINC をインストールした場所((汚していいディレクトリ)/BOINC) に移動。パッケージ管理や手前ビルドでシステムワイドにインストールした場合はそれぞれで設定したディレクトリへ。
  6. BOINC をまだ動かしていないなら動かす。動かし方は後述の[実行]を参照。
  7. コマンドラインから
    ./boinccmd --project_attach http://www.worldcommunitygrid.org (アカウントキー)
    例: アカウント・キーが 0123456789abcdeffedcba9876543210 だったら
    ./boinccmd --project_attach http://www.worldcommunitygrid.org 0123456789abcdeffedcba9876543210

実行 [edit]

  • いつでも実行していいなら、コマンドラインから
    (汚していいディレクトリ)/BOINC/run_client -daemon
    とするとdaemon(サービス)として動き出す。常時接続の人は
    (汚していいディレクトリ)/BOINC/run_client -daemon -return_results_immediately
    しておくといいかもしれない。
    マシンの起動と同時に起動する場合は、cronを使う。具体的にはcrontab -eを実行して
    @reboot (汚していいディレクトリ)/BOINC/run_client -daemon -return_results_immediately >/dev/null 2>&1
    という1行を加えればよい。
  • 必要なときに動かしたい場合は
    (汚していいディレクトリ)/BOINC/run_client &
    とするとバックグラウンドジョブとして動き出す。バックグラウンドジョブの終了方法は、
    ./boinccmd --quit
    か BOINC Manager の[高度な操作]-[Shutdown connected client]で終わらせる。

遠隔操作 [edit]

boinccmd でも一通りの操作はできるが、状態を詳しく見たい場合は遠隔操作がお薦め。
BOINC を実行する前に (汚していいディレクトリ)/BOINC/remote_hosts.cfg に操作元の
マシンのIPアドレスを書いておく。BOINCはTCPの31416番ポートを利用するので、
LAN 側にもファイアウォールを立てているなら受け入れられるように設定を変更すること。
http://team2ch.info/BOINC_Manager/#v2d2ea73 等を参照。

保守 [edit]

操作のほとんど全ては ./boinccmd を叩けばよい。./boinccmd --help でコマンド一覧が出るので参考にすること。
よく使う操作の一覧は以下の通り。

  • 常時実行させる・サスペンドから復帰:
    ./boinccmd --set_run_mode always
  • サスペンド:
    ./boinccmd --set_run_mode never
  • WCGの手動更新:
    ./boinccmd --project http://www.worldcommunitygrid.org update
  • BOINCを終了:
    ./boinccmd --quit

プロクシ(Proxy)経由 [edit]

client_state.xmlに書き足す。

<proxy_info>
   <use_http_proxy/>
   <http_server_name>proxyserver</http_server_name>
   <http_server_port>proxyport</http_server_port>
</proxy_info>

バージョンアップ [edit]

http://www.spy-hill.net/~myers/help/boinc/unix.html

↑の一番下を参考に

コメント [edit]

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • http://team2ch.info/FreeBSD/
    でもアクセスできるようにしました。 -- udwiki 2007-05-29 (火) 20:48:56
  • boincmgrで馴染みのUIが出てくるんですが、やっぱりデーモンとかで先に働かせてるとWinみたいに参照できないんでしょうか、
    WinライクにKDE使ってますが「タスクバーに常駐」っぽいのってやっぱり無理ですかね... -- 名無しさん 2007-08-27 (月) 03:01:50
    • daemonでもboincmgrを介してboinc自体を制御・参照することは可能です。
      boincが本体で、デーモンにも一般プロセスにもなることができます。boincmgrはboinc_cmdと同じく、boinc本体と通信して状況を表示したり制御を行います。daemon以外で動かしたことがないので分かりませんが、恐らくdaemonモードでない(boinc自体が起動していない)場合、boincmgrがboinc本体を一般プロセスモードで起動しているのではないでしょうか。boincを起動するとlockfileといういかにもそれらしいファイルが作成されるので、これの存在でboinc本体が起動されているかどうかをチェックしているのでしょう。
      ただし、おそらくWindowsのサービスモードと同様にdaemonモードだと各プロジェクト固有のグラフィック(3Dグラフィックによる解析状況等)は見られなくなると思います。 -- 名無しさん 2007-08-30 (木) 02:59:09
  • x86以外の場合は? -- 名無しさん 2007-10-04 (木) 10:21:16
  • FreeBSDのportが5.10.32になったね -- 名無しさん 2008-01-02 (水) 06:19:00
  • fedoraでもyumでインストールできるようになってる。 -- 名無しさん 2008-04-18 (金) 04:17:00
  • yumでインストールしてGUIで起動させたらwinと同じように起動したけどその後プロジェクトに参加させる事ができなくて困ってる; -- 名無しさん 2008-05-10 (土) 16:58:49
  • http://boinc.berkeley.edu/wiki/index.php/Installing_on_Linux#Fedora_7_and_up  コレ見てがんばったらできました。 -- 名無しさん 2008-05-11 (日) 18:38:10
  • x86_64だと出来ないのか・・・残念 -- 名無しさん 2008-08-26 (火) 01:31:11
  • FreeBSDのportsが6.2.14になってますね -- 名無しさん 2008-09-12 (金) 09:21:49
  • FreeBSD6.2はBOINC6.2.14でメインメモリが2GBを越えてると、BOINCで認識するメモリ量がマイナスになってRiceしか計算できなくなる。 (T-T
    FreeBSD7.1で改善されるのかどうか。。。 -- 名無しさん 2008-10-12 (日) 03:08:26
  • Wikiの編集苦手なので、作ったページ「http://wcg-team2ch.no-ip.info/install.html」をどなたか移植してもらえると助かります。画像はそのまま使ってもかまいません。それでは。 -- 404 2009-01-10 (土) 01:25:40
  • FreeBSD7.1でboinc6.4.5を動かしてるのですが、宿題が落ちてこないのは私だけでしょうか? (..; -- 名無しさん 2009-02-08 (日) 06:03:13
  • つながらない人は、ファイアーウォールの設定を忘れずに! -- 名無しさん 2009-03-14 (土) 08:35:04
  • 6.6.20 x64をBOINC公式から落として実行しようとしたけど、コマンドが boinc_cmd → boinccmd になってますね。他のコマンドも変わってるかもしれないけど、このwiki絡みのとこだけ報告。 -- 名無しさん 2009-05-01 (金) 10:46:37
  • FreeBSD7.2で、/usr/local/share/certs/ca-root-nss.crtによっては
    Peer certificate cannot be authenticated with known CA certificatesが
    出て、うまく動きません。ca-bundle.crtを貰ってきて置き換えると動きますが... -- 名無しさん 2009-08-30 (日) 01:40:17
  • こちらもFreeBSD7.2でPortsからインスコしたboinc-clientが同様の症状です。
    CA-root-nss.crtを貰ってきても同様です。 orz
    Ubuntu9.03版のBonic clientは問題なく動いていることを確認済みです。 -- 名無しさん 2009-08-30 (日) 19:49:35
  • portsで入れた、6.4.5の環境ですが貰ってきた、ca-bundle.crtを/var/db/boinc (defaultのwork directory)に置くのではなく、/usr/local/share/certs/の下にca-root-nss.crtと名前を変えて置き、boinc_clientのprocess再起動、projectの参加からやり直しました。最初、project参加時にerrorは出ないのですが、account_www.worldcommunitygrid.org.xml ファイルが200byte以下で数行しかない状態でした。このファイルが2000byte以上あれば別の原因かと思います。 -- 名無しさん 2009-08-31 (月) 23:02:01
  • x86_64版インストーラの追記とディストリビューションのパッケージ情報を追加してみました。修正歓迎。 -- 名無しさん 2009-09-03 (木) 18:07:25
  • FreeBSDへのインストールで多少詰まったところを追記しておきました。ca-bundle.crtのリンクもたぶん切れているので、生きているのを下に追記しておきました。突っ込みどころあればおねがいします。 -- 名無しさん 2010-02-08 (月) 02:02:50
  • Linuxでインストールしようとしてコマンド打とうとして
    パッケージの存在に気付いたのでパッケージを上にしました。 -- kt 2011-10-24 (月) 17:55:09
お名前:

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-17 (水) 17:13:48 (276d)